DCコミック 動画見放題アプリ

DCドラマ「TITANS/タイタンズ」シーズン1 6話「ジェイソン・トッド」のレビュー

投稿日:

TITANS/タイタンズ シーズン1-6「ジェイソン・トッド」です。

ジェイソン・トッドは、DCコミックを読んでいる人ならお馴染みの2代目のロビンです。

新たにバットマンのサイドキック(相棒)となった、ロビンと、最初の相棒のロビン。

ヒーロー2人が、相対するのですが、一筋縄では行きません。

TITANS/タイタンズ シーズン1-6「ジェイソン・トッド」のあらすじ

謎のファミリーを操るドクター・アダムソンを訪ねたディック・グレイソン。

襲われたディックを助けたのは、2代目ロビンこと、ジェイソン・トッド。

ジェイソンとともに、ブルース・ウェインの隠れ家に、ドクター・アダムソンを連れて行くディック。

バットマンの元を離れたディックは、すぐに次の後釜を見つけたことに少しショックをうけつつ、ブルースに居場所がわかったことに違和感も。

ジェイソンが現れた理由は、ディック・グレイソンがサーカスにいたときの昔の仲間が事件にあっているから。

ディックは、一緒に住むことも考えていた、大好きだった大男、ストロングマンことクレイのことが気になり、彼に会いに、クレイがボディーガードをしているクラブへ。

彼の無事を確認したものの、クレイが捕まることに。

クレイを捕まえたのは、サーカスの団員たちを殺害していた男。

ロビンが、両親を殺された復讐のため見殺しにしたトニー・ズッコの息子だった。

TITANS/タイタンズ シーズン1-6「ジェイソン・トッド」の感想

1代目ロビンと2代目ロビンの登場で、ちょっとうきうきします。

2代目のジェイソン・トッドは、かなり軽いやつで、車泥棒をしているところをブルースに拾われたとか・・・

ロビンになっている理由も、警官をぶちのめさせるから!みたいなことを言うやんちゃなやつです。

なんか、新旧ヒーローがそろって、共闘みたいな感じではないですね。

ジェイソン・トッドってドラマのタイトルですが、ディックがなぜ、ロビンをやめることになったのか・・・

そこらへんの話がメインで、マスクをかぶるものの苦しみ、みたいなものを感じます。

タイタンズを見るならネットフリックス!

Netflix(ネットフリックス)は全世界で1億人が視聴している動画配信最大手

世界で1億人が視聴している最大手の動画配信サービスがNetflix(ネットフリックス)です。 日本では、2015年9月より配信をスタート。 テラスハウスの新シリーズ、ドラマ版「火花」などのオリジナルド ...

続きを見る







-DCコミック, 動画見放題アプリ
-,

Copyright© 海外ドラマを見るならどこが安い! , 2019 All Rights Reserved.